えほんのいずみ

絵本「クリスマスのかね」のあらすじや随想

 この絵本について―贈りものを捧げる心―

原作:レイモンド・M・オールデン

文:竹下文子

絵:山田花菜

出版社:教育画劇

出版年月日:2009年11月

出版社による対象年齢: 3・4歳

定価:1,430円(本体1,300円)

 はじめに

   この作品の原作は、レイモンド・M・オールデン氏による『WHY THE CHIMES

   RANG』(なぜ鐘は鳴ったのか)です。



   クリスマスらしい最後の場面は、絵本だからこそ表現できた、絵による感動的な結

   末でしょう。





 あらすじと随想

   昔、ある町に大きな教会があり、大勢の人が礼拝に集いました。その教会の塔のてっ

   ぺんには、世界一美しい音色といわれるクリスマスの鐘がありました。



   その鐘は、イエス・キリストの誕生日を祝って、最もすばらしい贈りものを捧げた
  
   時に鳴りだすといわれていたのです。そこでお金持ちは競って、豪華な贈りものを
 
   捧げましたが、長年の間、誰もその鐘の音を聞いた人はいませんでした。



   さて、町から遠い貧しい村にペドロという少年と弟が住んでいました。

   ペドロは一度でいいから、その教会へ行ってみたいと願い、クリスマスの前日、弟

   と出かけて行きました。



   すると雪の舞う中、町の入口で倒れている女の人を見つけたのです。

   ペドロはその人を放っておけず、介抱するために、その場に残ることにしました。



   そして弟に、教会へ行って、自分の分もお祈りし、自分の代わりにイエスさまへ贈

   りものを捧げてきてほしい、誰かおとなを呼んできてほしいと頼んだのです。



   そこで弟は心細い気持ちを抑え、一人で教会へ向かいました。



   その晩の教会は美しく飾られ、大勢の人が、自分の贈りものこそクリスマスの鐘を

   鳴らすのにふさわしいはずだと、りっぱな贈りものを捧げました。



   しかし鐘は鳴らなかったので、クリスマスの鐘の言い伝えなど嘘ではないかと、疑

   い始めました。

   その時、ペドロの弟が、祭壇に歩み寄りささやかな贈りものを捧げると・・。



   はるか遠くから美しいクリスマスの鐘が、鳴り響いたのです。



   なぜ鐘は鳴ったのでしょうか。



 おわりに 

   多くの人は、キリストに誕生祝いを贈る純粋な気持ちよりも、目に見える豪華な贈

   りものこそ、クリスマスの鐘を鳴らすに足る価値があると、虚栄心を抱いたのかも

   しれません。



   しかしペドロの弟は、ささやかな献金とともに兄の心も一緒に捧げたのでした。



   兄の心とは、野心や虚栄心とは正反対の、人の弱さに寄り添うキリストにも似た、

   あたたかな心。自分の願いよりも人の願いを優先させる慈愛の心。



   大いなる人の誕生を祝って、ささやかでも心一杯捧げる気持ちでした。



   クリスマスの鐘は、それに触れて鳴ったのでしょうか。



プロフィール

ネッカおばあちゃん

カテゴリー

  ねこ

クリスマス絵本一覧

COPYRIGHT © えほんのいずみ ALL RIGHTS RESERVED.

▲ ページの先頭へ